1912年創業(設立1988年)以来、セラミックス技術を基礎に100年余に亘り、砥石づくり一筋に歩んで参りました。


Tsuchiyaは軸付砥石・研削砥石、ダイヤモンド・CBN工具等の多岐に亘る製品を自動車、エレクトロニクス、精密機械、医療、DIY、家庭用品まで、さまざまな産業に提供しています。

産業界の「ものづくり」を支える製品提供を通し、お客様に愛され、社会に貢献できる企業を目指します。
更に高品質はもちろん、オリジナリティに溢れる製品開発を行い、お客様と社会のために新たな価値の創造を目指します。
1912年(大正元年) 創業者 土屋由次郎(よしじろう)、岐阜県土岐市鶴里町において歯科用砥石カーボランダムホイールの 製造を始める。
1940年(昭和15年) 土屋勇一(ゆういち)が歯科用砥石カーボランダムホイールの製造を引き継ぐ。
1970年(昭和45年) 軸付砥石の製造を始める。
1975年(昭和50年) タービンブレード研磨用軸付砥石の製造を始める。
1980年(昭和55年) 航空機ジェットエンジン整備用軸付砥石の製造を始める。
1989年(平成元年) 資本金5,000,000円の土屋製砥有限会社を設立。
代表取締役に土屋総一郎が就任。
第一期工場増設竣工。
医療用具製造許可21B3X00007
1993年(平成5年) NC旋盤導入。
1997年(平成9年) 第二期工場増設竣工。
1998年(平成10年) 放電加工機導入。
1999年(平成11年) マシニングセンター機導入。
2012年(平成24年) 代表取締役社長土屋総一郎、以下30名体制で業務を遂行。